八王子市で口コミ人気NO1!痛み治療専門のはり灸・接骨院で当院へ。

京八健幸堂接骨院・鍼灸院


ぎっくり腰・腰痛

 

ぎっくり腰・腰痛の原因

ぎっくり腰(腰の捻挫)腰痛の原因の多くは、疲労や運動不足で骨盤を支えている筋肉が弱くなり重い荷物を持ち上げたり、くしゃみなど日常生活のちょっとした動作が引き金となり起きることが多いです。

ぎっくり腰・腰痛に多く見られるのは「仙腸関節」への捻挫などによるロッキング(動きが制限される)が起きた時に発症し、それにより周囲の筋肉・筋膜・軟部組織が損傷し炎症(熱感)が起きます。

実は病院などでも原因が特定できない腰痛・ぎっくり腰が全体の85%もあり椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症が原因の腰痛は腰痛全体の約15%です!

レントゲンやMRI撮影で画像上、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症などの兆候があっても腰痛のない人が約76%います。

この結果から病院で診断されても必ずしも画像に映っている部分が症状の原因とは限りません!

「仙腸関節」の動きは3~5mmのわずかな動きなので、レントゲンやMRI画像検査での診断は困難です。

 
  また、関節のちょっとした歪みも、筋肉の緊張や痙攣を引き起こします。
急性炎症(ぎっくり腰・腰痛になってから1週間後程度)の時期は、炎症(熱感)を増長するため、リラクゼーションのマッサージや整体・激しい運動などは控えましょう!


痛みを悪化させないために、してはいけないこと。
それは、絶対に患部を温めないでください!!
間違った応急処置をされる方が非常に多いです。
炎症(熱感)の時期に温めると一時的に楽になってもその後、症状は悪化します。
日本人は温泉(お風呂)好きで痛みがでたら体を温めるのが常識とされていますが、患部に炎症(熱感)がある場合は温めるのは避けてください。

ぎっくり腰を起こした場合は、すぐに当院へ受診してください。
 

ぎっくり腰・腰痛治療の流れ

以下は、すぐに受診できない場合の対処法です!

ぎっくり腰の対処「RICE処置」


1・REST(安静):まずは横になり安静を

2・ICE(冷やす):ぎっくり腰では、患部に炎症(熱感)がみられる可能性も考え、炎症(熱感)の痛みを抑え緩和させるためにも、なるべく早めに患部を冷却しましょう。(凍傷には十分注意してください)
炎症・熱感が消去した事を確認できたら温めに切り替えます。

3・COMPRESSION(圧迫・固定):コルセットを巻いて、腰を圧迫・固定することで痛みがやわらぎます。

シンプルですが、一番間違いない方法です。
自己判断で誤った処置をされますと痛みが長引きますので早めの治療をおすすめします。

 
 

※はり治療が効果的です!!

ぎっくり腰・腰の痛みに即効性があるのは、はり治療です。2~4回のはり治療で効果が実感できます。(保険内治療に比べ圧倒的に治癒スピードが早いです)当院では、はり治療を希望される方も多く、9割以上の患者さんが3回までのはり治療で日常生活に支障を起こさない程度まで回復します。リラクゼーションマッサージでは、深部の筋肉にアプローチするのが難しいだけではなく、炎症や痛みを強める場合があります。はり治療をすることで深部の筋肉にも的確にアプローチし、より早期に回復します。
はり治療は予約制となります!
お電話にてご予約をお願いします。

はり治療が苦手な方はご相談ください。その他の施術方法もあります。

鍼(はり)は使い捨てで、国内一貫生産のものを使用していますので安心・安全です。

 

 

Kaifuku-02-sample-c.png

 

京八健幸堂接骨院・鍼灸院のご案内

住      所:
〒192-0046東京都八王子市明神町4-1-2ストーク八王子102
アクセス:
京王八王子駅から徒歩1分JR八王子駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
042-649-8356
受付時間:
平日 9:30~13:00/15:30~19:30
土曜 9:30~13:00
定休日:
日曜・祝日・土曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ