八王子市で口コミ人気NO1!痛み治療専門のはり灸・接骨院で当院へ。

京八健幸堂接骨院・鍼灸院


肩こり・肩の痛み

トップページ肩こり.png
 

肩こり

「肩こり」という言葉はよく使われますが、多くの方が首・肩・周囲の痛みを総称して「肩こり」とおっしゃられます。肩が凝るというのは頭が痛い・腰が痛いと同じように症状の一つであり傷病名ではありません。原因を突き止め根本から治療をしていかない限り改善されません。患者様は「肩こり」と思われても実は首・肩の筋肉の炎症(肩関節捻挫)や頸椎損傷(頸椎捻挫)・内科的疾患からくる症状もあります。寝違えやぎっくり腰と同様に炎症がある場合は、冷却(冷す)施術温熱(温める)施術と階段を経て施術を行います。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

40歳~50歳代の方に多く肩の痛みが発症することから退行変性(加齢によるもの)とされてしまうケースが多いようです。主な症状としては肩を上に拳上しようとする時や洋服の着脱時・体を洗う動作時に痛みがでたり、安静にしていても肩の痛みが強く夜間(就寝時)に痛みがでるのも特徴の一つです。

四十肩五十肩の呼び名は俗称で正式には肩関節周囲炎と言います。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の種類
・長頭腱炎
二の腕の力こぶを作る筋肉は、長頭と短頭に分かれ、長頭は上腕骨の結節間溝(けっせつかんこう)の溝の中を通っているので磨耗を起こしやすく炎症(熱感)しやすい構造になっています。特に肩の前面に痛みがでます。
・腱板炎
・肩峰下滑液包炎
・石灰沈着性腱板炎 など

炎症(熱感)による肩の痛みををお風呂などで温めていませんか?
日本人は温泉(お風呂)好きで体を温めるのが常識とされていますが、患部に炎症(熱感)がある場合は温めるのは避けてください。

急性期(発症から1か月以内) ※あくまでも目安期間です。

突然、肩がスムーズに動かなくなったり安静にしていても肩の痛みが強く肩関節周辺に炎症(熱感)がある時期は「患部は冷却(アイシング)」を行い無理に肩を動かしたり家族の方のマッサージを受ける事やお風呂などで温める事はやめましょう!炎症(熱感)があってもお風呂などで温めると気持ちよく感じる場合もありますが炎症(熱感)を更に強めてしまう場合がありますのでご注意ください。※野球のピッチャーが試合で何球も投げた後に、肩を冷却(アイシング)するのと同じで使いすぎたり痛みが強く炎症(熱感)が出現している時は患部の冷却(アイシング)を行い炎症(熱感)を鎮めるのが大切です。
※長期間、患部を温めても症状が改善されない時は炎症が起きている可能性もありますので自己判断せずに早めの来院をお薦めします。

慢性期

急性期とは逆で、炎症(熱感)が消去したら患部はなるべく冷やさず、お風呂もゆっくり入って温め、肩を少しずつ動かしながらリハビリを施す事で筋肉の柔軟性や可動域が良くなり徐々に症状が改善していきます。

当院での施術方法
問診時に患者様から症状の聴取や徒手検査などにより日常生活動作(就寝時の姿勢)・肩関節の痛む場所・動き・可動域・筋肉の柔軟性等の検査を行い炎症(熱感)の有無や施術方法・施術の経過をご説明します。
施術方法
各種電気治療(低周波・調音波治療器・微弱電流など)徒手によるリハビリ(ストレッチ・可動域を目指した体操など)テーピング(キネシオテープ)など※患者様の症状により施術方法が異なります。
 
 
 

京八健幸堂接骨院・鍼灸院のご案内

住      所:
〒192-0046東京都八王子市明神町4-1-2ストーク八王子102
アクセス:
京王八王子駅から徒歩1分JR八王子駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
042-649-8356
受付時間:
平日 9:30~13:00/15:30~19:30
土曜 9:30~13:00
定休日:
日曜・祝日・土曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ